【ノート活用術】セミナーではノートはこう使おう!

 

セミナーノート活用

さて、2月6日は「1日集中!ビューティサロンアドバイザー講座」です。

ペンとノートをお持ちくださいね。

今日は、講座を10倍活かすセミナーノート術の提案です。

受講生に「セミナーのメモの取り方次第で、もっと身になりそう!」と言っていただけたのでお伝えしておきますね。

10倍活かすメモの取り方

まずはノートを開きます。

左側にセミナー中でのメモを取ります。

右側には「帰ってからやること」と書き、その下に箇条書きで思いついたことを書いておきます。適当にね。

ここでのポイントは、単なる「やること」にしないで「帰ってからやること」といつやるのかを書いておくことです。

単なる「やること」だと、空いた時間にやろうと思っていて忘れた・・となりがちです。

そこで、帰ってからやる!と決めてしまいます。

もし受講後に用事があり、その日は何もできない状態なら、「明日やること」と書きます。

アファーメーションですね。(自分との約束を宣言するという意味です)

ことばの力は大きいです。

帰ってからやること、と書くだけで、やれます。

この時、自分自身が「これやりたい!」と思うことを書いておくと、モチベーションが上がりますよ!

■経営の基礎知識を身につけて繁盛サロンをつくりたい方・開業スクールなど経営知識を教える仕事をしたい方に
■【2018年3月スタート】
サロン開業・経営のプロコンサルタントを目指す方に
ビューティサロンコンサルタント認定講座

 

Follow me!